2012年5月12日

土地の売買の流れを調査

土地の売買のために不動産会社と契約ができたら、次は売却活動を行います。これは不動産会社が営業や広告を出して土地の売買のために活動を行うことを指していいます。もし、土地の面積が広く、買主が法人と、限定されいている場合は、入札をして買主を決めることになります。これは家やマンションの売却とは違う点になりますね。そして、買主が決まったら、土地の売買の価格や引き渡し時期など、お互いの条件を出し合って細かい点を決めていくことになります。その話し合いが成立したら、土地の売買契約締結完了ということになります。そして双方、必要書類をそろえて、正式に契約し、この時に買主は売主に手付金を支払うことになります。最後に、残りのお金を支払い、そして登記手続きをして、土地の売却は完了するということになります。このように基本的に不動産の売買は同じですが、土地の売り買いの場合、入札を行って買主を決めるという点が、家を売る場合とは違う点になります。いずれにせよ、立地条件の良い不動産は早く売れるようなので、高く売れる時期を見定めて、不動産会社と相談して、希望金額で土地が売れるように、できるといいですね。

2012年4月21日

土地の売買のメリットデメリットを調査

土地の売買のメリットとデメリットをお話ししていきたいと思います。特にここでは土地の売却者の側に立ってメリットとデメリットをご紹介していきます。まず土地の売買のメリットは、現金が手に入るということです。もし現金が手元にあれば、借金の返済が可能です。いまは利子も高くなっていますから、できるだけ早く借金を減らせるように、土地の売買をするというのも一つの方法でしょう。次に土地の売買によって金融資産を購入することができます。またさらにもっと良い土地を買うということもできます。もし今は土地を買うことに興味がなく、ただ土地を現金化したいと考えておられる方は、土地を売ることによって、税金の負担を軽くすることができるというメリットもあります。固定資産税、土地計画税などは土地を持っていれば必ず発生する費用ですので、もし土地をうまく活用できていない方は土地の売却をするというのも一つの方法でしょう。次に、土地の売却のデメリットについてお話していきます。もし今までその土地の有効活用により収益を得ていた場合、土地を手放すことによって収益の機会を失うことになるでしょう。また譲渡するにあたって、譲渡費用というものも発生します。それには譲渡税というものも含まれます。
大阪住宅センターにも詳しい情報が載っていますので参考にどうぞ。